青函交流会・オンライン開催!

コロナ禍の影響で、今年度も実際に両協会会員が集う形での交流会は開催できませんでしたが、昨年同様に「オンライン交流」の形での開催となりました。今回は青森、函館の他、北海道中途難失聴者協会からもオンラインでの参加がありました。

要約筆記は青森と函館でそれぞれ手配し、青森側の発言は青森要約筆記が、函館側(北海道含む)は函館要約筆記が通訳する形で実施。ZOOM上では要約筆記表示枠が2つ、参加者発言枠が2つで4分割表示される形です。

青森・函館の両協会会長のあいさつ後、青函各協会の活動紹介という形でスライド動画を流しました。過去の青函交流風景や懐かしい写真もあり、見応えのある内容でした。

続いて、参加者の皆さんに自己紹介と近況報告、難聴者・中途失聴者の方には「聞こえに関するエピソードや工夫」をお話いただく時間にしました。

予定時間を過ぎての終了になりましたが、年度の締めくくりに良い体験ができた交流会だったと思います。参加の皆さんからも良い感想をいただき、ホッとしております。
会場参加+オンライン参加のハイブリッド形式で行事について、今後も試行錯誤していきたいと思います。

函館側会場(メインモニタと司会)
函館側会場(参加者に会場カメラを向けたところ)